東南アジア市場へ向けたEC販売のプラットフォーム

経済成長に伴い東南アジア諸国の消費が急速に拡大するなか、多くの先進国と同様にEC市場も成長を続けている本市場は日本国内の事業者にとっては大きなビジネスチャンスでしょう。しかしながら異なる国や民族により細分化される東南アジアでのEC事業においては、物流やサポート、多言語対応、現地に応じたマーケティングといった諸要素を解決することが必要不可欠です。いっぽう、ユニークかつ高品質な製品を取り扱う国内の事業者の多くは中小規模であり、多言語対応が可能なスタッフの雇用や現地拠点の開設は現実的ではありません。 EC-PORTは東南アジアへの日本製品の流通を支援する越境ECプラットフォームです。多民族国家であるマレーシアの特性を生かし、東南アジアのあらゆるエリアの言語や文化に精通した国際色豊かなスタッフが製品情報の多言語翻訳・販売代行・出店支援・カスタマーサポート・マーケティングをワンストップで対応します。また東南アジアのハブであるクアラルンプールに構える物流拠点を利用し在庫管理からマレーシア国内及び近隣諸国への発送代行までEC物流業務をワンストップでアウトソーシングが可能です。 ・月商1億円の流通規模を持つJapan Premium及び現地大手モールへでの代行販売が可能・ECに加え現地店舗からC2C、アフィリエイトまで広範囲なセールスチャネルを提供・現地進出コンサル、運用代行、EC物流、マーケティングまでを一貫してサポートが可能・現地在庫 or 越境ECの双方のワークフローへの対応が可能.

 

東南アジア向けのEC販売で月商1億円に到達Lazadaなど東南アジアの主要モールへ一括販売が可能

日本ネット経済新聞(2018年1月25日)

代行販売のセールスチャネル

Japan Premium

Japan Premiumはマレーシア及びシンガポールを中心とする東南アジアへ向けて日本製品を販売する越境ECプラットフォームです。特に現地市場で需要の高い“美容と健康”をコンセプトに、日本製を中心とした高品質な商品を東南アジアの消費者へ提供します。自社サイトに加え、Lazadaのような東南アジアの主要なオンラインマーケットプレイスとの連動が最大の特徴です。“Japan Premium”上に商品を掲載することにより、ASEAN6ヶ国の主要なオンラインモールへ商品が自動的に掲載されます。また商品掲載のみならず、サイト内へのLP制作やブランドページも作成が可能です。さらに会員向けのDM配信やリターゲッティング広告といったプロモーションメニューも提供されており売上を最大化することが可能です。 -2015年にスタート。日本のハイクオリティなライフスタイル アイテムに特化したショップとしてEC PORTが運営する。-アクティブ会員数:4,500人-掲載商品数:およそ200点-売上規模:1億4000万円(2019年12月実績)-平均客単価:約5,000円
 

Lazada

Lazadaは東南アジアの最先端のEコマースプラットフォームです。”Eコマースとテクノロジーを通して東南アジアの発展を加速させる”をミッションに2012年に設立されました。現地では最も成長の早いEコマースプラットフォームとして周知されています。運営元企業となるアリババの資本力を生かした各種インフラにより東南アジア各国へワンストップで展開が可能です。 -2012年にスタート。現在はアリババの出資を受け東南アジア最大規模を持つ。-年間アクティブユーザー数:6,500万人-掲載商品数:240万点-デイリーアクティブユーザー(DAU):60%

Shopee

ShopeeはLazadaと並ぶ東南アジア最大規模のオンラインモールです。東南アジア6カ国で2億件以上のアプリはダウンロードされており、1日あたりの注文数はおよそ140万件を記録します。2019年より国際作家スターのクリスティアーノ・ロナウドをアンバサダーへ起用し、大きく知名度を高めている急成長中のオンラインモールです。 -2015年に東南アジア6カ国での展開をスタート。-総流通総額:103億++USD-Shopeeアプリダウンロード数:2億++-デイリーオーダー数:約140万件

店舗販売

Japan PremiumではEC販売のみならず店舗販売もサポートします。現在、マレーシアの大手ドラッグストア“Alpro Pharmacy”及び“Pillbox Pharmacy”との業務提携により、Japan Premiumでの取り扱い商品をそれぞれの店舗で委託販売を行うことが可能です。 <ALPRO PHAMACYについて>ALPRO PHAMACYはマレーシア国内に50店舗を展開するドラッグストアです。おもに住宅街の路面店へ出店し、店舗での接客 とコミュニケーションを重視した戦略を採用しています。そのため、一般的なドラッグストアと比較し客単価がおよそ2-2.5倍ほど高いのが特徴です。 <Pillbox Pharmacyについて>Pillbox Pharmacyはマレーシア国内の全ての空港に店舗を展開するドラッグストアです。マレーシア人に加え、世界各国からの訪馬客をターゲットにしており、ドラッグストアで扱う化粧品、健康食品に加え、雑貨やバラエティグッズの売上比率が高いことが特徴となっています。

EC物流のワークフロー

EC物流サービスとして現地の商品購入者に対する商品の梱包・配送を実施します。現地で販売する商品についてはEC PORTが所有する各国の物流センターで在庫管理を行い、受注に応じ出荷を行います。また、現地在庫を伴わず、日本国内の指定倉庫へ納品することにより、EC PORTの提供する定期便により現地に配送する越境型のビジネスにも対応します。 また、販売を行う各国について商品の輸入や現地での販売に必要な販売許認可を取得することが可能です。特に現地での需要が高い化粧品やサプリメント、健康商品は許認可の取得が必要不可欠です。EC PORTは各国において政府関連機関との良好なコミュニケーションが可能であり、短期間かつ適正コストでの各種許認可取得が可能です。

各国物流センターからの配送モデル

予め当社の所有する各国物流センターへ商材の在庫をサプライヤーへ納品して頂きます。販売ごとに当社が現地 在庫から購入者へ配送を行います。現地の配送費用については購入者もしくはサプライヤーの負担となりま す。サプライヤーから各国の当社物流センターへの配送費用等は全てサプライヤーの負担となります。

東京物流拠点からの配送(越境EC)

受注毎にサプライヤーから当社東京物流拠点への配送をお願いします。一定の期間に当社東京物流拠点へ配送された商材を一括して、弊社の提供する航空定期便にて当社マレーシア物流センターへ転送を行います。個々の購入者へは当社 マレーシア物流センターから配送を行います。