2020年に世界中で発生したコロナウイルスの影響に伴い東南アジアの多くの国は外出禁止令(ロックダウン)を実施し、原則として外出が強制的に禁止されました。それに伴い小売市場の多くがオンラインへと移行した結果、現地でのEC市場が大きく成長しました。市場の成長に伴いサービスも成熟が進み、従来は提供されていなかった”商品の当日配達”や”定期購入”などが徐々にコモディティ化されています。新規感染者の減少した2020年6月以降は多くの国でロックダウンが解除されましたが、従来より問題であった渋滞や治安に影響されないオンラインショッピングは新たなライフスタイルとして既に定着しています。また、今後の大きな成長が期待できるでしょう。

各国政府もオンラインでの購入を積極的に推奨しています。マレーシアではロックダウンに伴う経済政策の一環としてオンラインショッピングに使えるクーポンを国民に配布をしたことが話題になりました。これにより大きく市場が成長しています。