マーケット&リサーチ

LAZADA(ラザダ)へのアカウント開設

東南アジア最大のオンラインマーケットプレイス”LAZADA”へのアカウント開設に関するお問合せを頻繁に頂きますので、今回はアカウント開設の方法や条件を整理したいと思います。

<Lazadaとは?>
ASEAN6ヶ国へ展開するオンラインマーケットプレイスです。Amazonの存在しない東南アジアにおいて”アジアのAmazon”と称されています。現地倉庫からの発送や短納期などAmazonのビジネスモデルを踏襲し急成長を続けています。2016年にはアリババ社が経営権を取得し、日本国内でも話題になっています。

<Lazadaのアカウントについて>
Lazadaは以下の2種類のアカウントが存在します。

①ローカルセラー
Lazada マレーシア、Lazadaシンガポールなど各国のLazadaへ出店をするためのアカウントです。Lazada マレーシアへ出店を行った場合は、Lazada マレーシアのみ商品の出品が可能であり、他国のLazadaへは出品されません。そのため、ASEAN内の複数国のLazadaへ商品の出品を行いたい場合、各国のLazadaへそれぞれアカウントを取得する必要があります。ただし、特定の国でアカウントをとり、一定の売上や顧客評価を得ると、他国のLazadaへアカウントを開設することが可能になります。また、基本的に出店にあたっては現地法人が必須となります。

②インターナショナルセラー
ローカルセラーとは異なり、全ての国のLazadaへ横断的に商品を出品することが出来るアカウントです。現状はASEANのいずれかの国へ現地法人が求められていますが、日本法人や韓国法人でも開設実績もあります。インターナショナルセラーについてはLazada Hong Kongへ直接開設の依頼をして手続きを行いますが、現状は審査が厳しくUNIQLOのようなビッグブランド以外は容易に開設が出来ないようです。

また上記のいずれとも決済はPayoneerを利用し現地通貨にて受取を行います。

<Lazadaのトレンド>
現状、売上の高いカテゴリは、電子機器カテゴリ、家具カテゴリ、日用品カテゴリの売上高が高いようです。また、今後はファッションカテゴリが成長してゆく見込みとされています。2016年以降はアリババより、中国からのセラーを積極的に呼び込んでいるため、ボリュームゾーンへ向けた低価格商材の販売が非常に好調となっています。


EC-PORTでは、これらLazadaへのアカウント開設を業務を代行しており、現地法人が無くてもLazadaアカウントを取得することが可能です。ご興味があるかたはEC−PORTへお問合せください。

TOP