Business

日本ネット経済新聞で弊社リリースを紹介して頂きました!

東南アジア市場への越境EC及びデジタルマーケティングサービスを提供するEC PORT Sdn Bhd(本社:マレーシア セランゴール州、CEO:鹿島功敬)は株式会社日本流通産業新聞社の運営する、「日本ネット経済新聞」にて弊社プレスリリース – EC PORT 、東南アジア市場におけるEC・通販事業の売上が171%成長 – をご紹介頂きました!

・記事要約

同社は東南アジア市場へ向け提供するEC事業“Japan Premium”の2020年Q2の売上金額が前期比171%と拡大・成長したことを発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い施行されたロックダウンによる、ECの需要拡大が追い風となり、従来の主力商品であった化粧品・健康食品に加え、いわゆる”巣ごもり消費”に伴う日用品カテゴリの受注拡大も事業の成長へ大きく寄与しました。

また、コロナに伴う小売市場のオンライン化やその成長に伴い、サービスの成熟が進み、従来は提供されていなかった”商品の当日配達”や”定期購入”といったサービスが現地でも徐々にコモディティ化されています。加えて、東南アジアECは、台湾や中国に比べて、参入企業が少ないのが特徴であり。高品質で差別化が可能な日本製品にとって、大きなチャンスや成長が期待されています。

・東南アジアで展開するEC事業”Japan Premium”について

EC PORTがマレーシア・シンガポール市場を中心とする東南アジアで展開するEC事業” Japan Premium”は、日本の高品質なライフスタイルプロダクトを販売するオンラインストアです。美容及び健康に関わるカテゴリを中心に、同社と契約する日本国内企業の取り扱う商品を販売しています。また、現地へ進出したいという日本のメーカーの商品から現地の市場のニーズにマッチしたものを選定し、ECサイトで販売。軌道に乗った商品については、現地小売店の卸先の紹介も行っております。

・今後の見通し

同社では、継続したEC需要の拡大、2021年以降の東南アジア諸国のGDPの回復を元に、今後さらなる売り上げ成長を見込んでおります。加えて、今後はより広範囲なカテゴリの商品を取り扱うべく、現地への販売を検討している国内企業を積極的に募集・支援しております。

・取材記事

EC-PORT、月商が70%増の2億5000万円に コロナ禍で東南アジアECも好調

記事詳細はぜひこちらをご確認ください!

TOP