ニュース

EC PORTユーザーミーティング2022を実施しました!

EC PORTユーザーミーティング2022について

マレーシアの規制緩和を受け、およそ2年ぶりにEC PORTユーザーミーティングを開催しました!本イベントはEC PORTのユーザー企業様をマレーシアへお招きし現地における物流センターや大型商業施設等の視察を行い現地事情を理解するとともに、同時期に開催されます東南アジア最大級の美容展示会へ参加を行い小売/B2Bビジネスの可能性を探るという主旨で実施を行うものです。本年は2022年9月30日(金)、10月1日(土)の2日間にわたり実施しました。

現地物流センターの訪問
1日目、参加企業様と一緒に弊社物流センターへの訪問を行いました。 当日は物流センタースタッフの案内のもと、仕入先からの入荷作業や、製品の保管・保管状態の確認、実際のピッキング・検品・梱包・発送作業等の見学をしました。また物流センターと契約企業様間での疑問点等があれば、随時質問・解決という流れのもと行われました。

画像引用元:URSTORE SDN BHD – MALAYSIA WAREHOUSING & LOGISTICS COMPANY, FULLFILLMENT MALAYSIA

画像引用元:URSTORE SDN BHD – MALAYSIA WAREHOUSING & LOGISTICS COMPANY, FULLFILLMENT MALAYSIA

現地展示会”Beauty EXPO 2022“への参加
美容と健康に特化した東南アジア最大規模の展示会”Beauty EXPO”内へ製品を出品し、マレーシアをはじめとした各国から参加するバイヤーと商談を実施しました。当日は当社と取引のある各バイヤー他や卸売業の担当者が弊社ブースへ訪れ、当社スタッフと積極的に商談を行いました。

弊社スタッフ・契約企業様と来場者様との打ち合わせの様子

ユーザーパーティー
展示会終了後、KL市内のホテルでの弊社主催のユーザーパーティーを行いました。 本パーティーは弊社スタッフ及び家族、マレーシアの弊社ECサイトの優良顧客、EC PORTユーザー様間の親睦を図る目的で開催されました。当日はEC PORTユーザー様からの新商品紹介やビンゴゲーム等のレクリエーションを織り交ぜながら、和やかな雰囲気の中でユーザーパーティーが行われました。

弊社スタッフ記念撮影

ビンゴゲームの様子

参加企業様による新商品展示・紹介の様子

マレーシア・世界初「情熱価格」専門店「DON DON DONKI 」視察
マレーシアにおける店舗開発を着実に進め、日本国外におけるジャパンブランド商品のさらなる認知向上と消費拡大に寄与をしている「JONETZ by DON DON DONKI(ジョウネツバイドンドンドンキ)」。ナショナルブランドの日用品や食品、化粧品、雑貨類、バラエティグッズ、そして日本産の農畜水産物などを幅広いジャンルの商品を販売しており、特に国内コスメ・化粧品の人気が高いといわれています。また、店頭で販売されている人気商品の中には、すでにマレーシアに存在しており、他のお店でも売っている商品もあります。しかし、「DON DON DONKI」特有の“商品の見せ方”によって、今まで注目されてこなかった商品にも焦点があたっているとこと。現在、セランゴール州の商業施設「Tropicana Gardens Mall」マレーシア2号店がオープンしている他、「LaLaport」には3号店開店が予定されてり、現在オープンに向け着々と準備が進められています。

当日は、首都クアラルンプール中心地、日本のISETANもテナントとして入る「Lot10 Shopping Centre」の1号店を訪問しました。店頭商品のコンセプトや成分・パッケージから、店頭内での売れ筋の調査等、各企業様の各々の目的に沿って視察・調査を行いました。

「マレーシアの商業の中心地・最大規模の商業施設 LaLaport Bukit Bintang City Centre KL」視察

マレーシアの商業の中心地「ブキッ・ビンタン地区」(総敷地面積約78,500㎡の大規模開発街区の中)に位置し、日本国内の施設を含めて最大規模(店舗総面積約 82,600 ㎡)のフラッグシッププロジェクトとなるLaLaport BBC。すでに飽和かつ人口減少の日本では成長戦略が描けない日系ブランドのレストラン・ショップにとっては、この東南アジアでの日系商業施設の開発により出店しやすい機会が生まれるプロジェクトと言われています。在住邦人や海外居住を考えている日本人にとっても居住国やエリアの選択肢が高まるとともに生活利便性も高くなることから、今後の東南アジアの日系企業の進出に注目が高まっています。

新型コロナウイルスの影響で当初の計画から約1年開業が遅れ、全400店舗のうち約80店舗のみでのスタートになりました。しかし、主要日系テナントにはニトリ(マレーシア初)やノジマ(マレーシア初)、Zoff(マレーシア初)、ドンキ等があり、引継ぎ日系企業の誘致を行っていくと公表しています。

当日は、ららぽーと内に既に開店・営業している、マレーシア国内100店舗以上の店舗を展開する有名薬局「Health Lane Family Pharmacy」やマレーシア発ハンドメイド、ナチュラルスキンケア商品を扱う「Natural Wonders」の他、美容と健康商品を扱うマレーシア国内ブランド・店舗の視察を行いました。

 

マレーシア大型・複合ショッピングセンター「Midvalley Mega Mall & The Gardens Mall」視察

ミッドバレーメガモールは、総床面積(賃貸スペース)は約15万8000㎡(東京ドーム約3.4個分)で、400店以上ものテナントが入るマレーシア最大級のショッピングセンターです。クアラルンプール中心部からは少し離れた場所にありますが、メガモールには日系ショップやレストランの他、総合スーパーのイオンと格安スーパーのイオンビッグが入っています。その他、マレーシアを代表するピューターブランドのLoyal SelangorやスキンケアブランドのTANAMERAもテナントに入っています。またメガモールには、高級モールのガーデンズが隣接しており、伊勢丹や数多くの海外ブランドショップが出店しています。

「Midvalley Mega Mall & The Gardens Mall」は、クアラルンプール都心のPavillion KLやスリアKLCCと言った、観光客向けショッピング施設や地区からは少し離れた場所に位置するものの、連日ローカル・観光客両方が挙って訪れる施設です。また本ツアーでは他にも、マレーシアにある大手化粧品専門店・セレクトショップ「SEPHORA」や「SASA」の他、マレーシア大手薬局「Watson’s(ワトソンズ)」や「Guardian(ガーディアン)」 ・「Caring Pharmacy(カーリング・ファーマシー)」等の店舗視察を行いました。

EC PORTでは弊社ユーザー企業様を対象に今後も継続してASEAN各国の展示会への参加・ユーザーミーティングの開催をしてゆく予定です。ご興味のあるかたはぜひ、お気軽にお問合せください。

TOP